進化論生物学は規範倫理学の役に立つか?

伊勢田哲治(名古屋大学)

本発表では、内井惣七氏が論考「道徳起源論から進化生物学へ」(以下、この論文からの 引用は「第○節」という節番号で示す)で展開した還元主義のプログラムを批判的に検討 していきたい。内井氏は道徳的価値を非道徳的な価値に還元するという意味での還元主義 のプログラムをすすめているが、進化論からの道徳の起源に関する知見が、このプログラ ムに重要な役割を果たす、というのが内井氏の見込みである。わたしは内井氏の還元主義 のプログラム自体にはシンパシーを抱くが、内井氏の引用するような進化論からの知見が どれほどそのプログラムに役に立つかについては懐疑的である。むしろ、道徳性を文化的 産物と見なして、進化の歴史から切り離して考えた方が実り多い議論ができるのではない だろうか。本発表では以上のような点について掘り下げてみたい。

1規範倫理学の基盤としての進化論生物学

進化論からの知見ははたして規範倫理学の問題を考える上で役に立つだろうか。もちろん これにたいする完全な答えを要求することは、進化論倫理学がようやく糸口についた段階 の現在では過大な要求であるだろうが、進化論と規範倫理学を結び付ける試みを進めてい く上では、すくなくとも「将来的には役に立つかも知れない」という見込みは必要であ る。しかし、この「見込み」というレベルで考えることにした場合、進化論はわれわれに 何を教えてくれることができそうだろうか?

内井氏は第13節において、あるべき倫理を考える際に「人間の能力や道徳という営みに 関わる科学的な知見」を無視することは不合理であるとする。つまり、「『べし』は『で きる』を含意する」という命題からの帰結として、われわれがどういう道徳を持つことが できるか分からなければわれわれが何をなすべきかも分からず、科学の知見はその重要な 要素となるということである。わたしは内井氏のこの大筋の路線は健全なものであると思 う。しかし、それに続けて、内井氏は、かれの還元主義は「あるべき倫理を考える際のわ れわれの基盤も、道徳起源論が明らかにしたような素材でしかありえず、この枠内である 程度の洗練を加えていくことでしか規範倫理は構築できない」という路線をとることを明 らかにする。「道徳起源論が明らかにしたような素材」とは、内井氏の論考の第一部の内 容をふまえるなら、いわゆる「条件付き利他主義」に基づいて発達した道徳感覚とも言う べき社会的本能だということになるだろう。わたしが問題だと思うのは、科学一般の規範 倫理における有用性の主張ではなく、この道徳起源論に関する特定の主張である。

まず、比較的小さな問題として、あるべき倫理の基盤は道徳起源論が明らかにしたような 素材「でしかありえ」ない、という主張がある。これは、額面通りに読めば、われわれの 道徳性の基礎となるのは進化によって形成された性向のみであるという(見込みに関す る)主張である。これを真面目に主張するのならば、内井氏は、ほかに道徳性の基礎とな るようなものがないと示す努力をされるべきであろうが、この論文中にそのような努力は みうけられない。さらにいえば、個体レベルでの学習や洗脳などの非進化論的な要因が道 徳性の基礎となりうる(道徳を可能ならしめるという意味で)ことを否定するのは難しか ろうとおもわれる。

しかし内井氏の立場にはさらに大きな問題があるようにおもわれる。それは、規範倫理の 基礎としては、現在の我々がどういう心理的な能力をもつか、ということが大事なので あって、それがどういう由来で生じたかということが二次的な関心でしかない、という点 である。たとえば、道徳感覚の大きな要素として内井氏もあげる共感能力について考えて みよう。われわれが共感能力を持つと言うこと、またそれがおおむねどういう性質のもの であるかということは内観や道徳心理学的研究で調べることができる。そして、われわれ が心理的にどうしても共感を持つことができないような場面で共感に基づいて行為するこ とを要求するのは意味がない、という意味で、規範的な道徳を考える上でもこのような研 究は参考にすべきである。しかし、進化論からの知見はこれにいったい何を付け加えてく れるだろうか?われわれの共感能力のある種の特性がどのような進化的なバックグラウン ドを持つかということは興味深い話ではあるが、その特性の存在がすでに知られているな らば、規範倫理をする上では、進化的バックグラウンドについての情報はあまり関係がな かろう。もちろん、進化論の考察から、共感能力にこれまで思いもよらなかったような制 限があることが明るみに出ることはあるだろう(現在の進化論がそこまでたどりついてい るかどうか私は非常に懐疑的だが)。しかしこれにしても、進化論の役割は道徳心理学を する上での作業仮説の提示という二次的なものである。

2共感能力や道徳感覚は現在の進化論で説明できるか?

ここまでの議論では、共感能力やそれを大きな要素とする道徳感覚がどのようにして生じ てきたのか、その結果どのような特性を持つのか、といったことが現在の進化論で説明で きている、という前提で話をすすめてきた。しかし、進化論はこの面でどのていど成功し ているだろうか?第一部での議論によれば、内井氏はダーウィンにならって道徳感覚を他 の種にもみられる能力の複合体とみなし、その「複合的心性」がどうやって発達しえたの かの説明の部分で最近の進化生物学の「条件付き利他主義」の考えを利用することを試み ている(第8節など)。したがって共感能力などの要素は「条件付き利他主義」による説 明においては所与の前提条件となっているわけだが、もし共感能力の存在自体が進化論で うまく説明できていないのなら、内井氏の還元主義のプログラムには大きな欠落があると いわざるをえない。そして、この共感能力の説明はなかなかの難問ではないかと思われ る。感情としての共感能力の特性として、見返りの得られない相手に対しても働く、とい う側面が指摘できる。実際、相手が自分に十分な見返りを与えることができないと見切っ た時に(たとえば相手がみよりのない老人や障害者などであるときに)突然態度が冷淡に なるのを「共感能力がある」と呼ぶのは、控えめに言っても我々の言語直観に非常に反す る。この点、内井氏も引くドゥ・ヴァールの『利己的なサル、相手を思いやるサル』にお いて、ドゥ・ヴァールのあげるサルの共感能力の例の多くが弱者に対する共感であること は言及しておく価値があるだろう。弱者への思いやりが共感能力の不可欠の部分であると いう暗黙の前提がなければ、ドゥ・ヴァールはそういう例のあげ方をしなかったであろ う。また、共感能力はわが子などの近親者以外に対しても働くと考えられているというこ とも付け加えておいて良いだろう(ふたたび、ドゥ・ヴァールもそうした例を意識的にあ げている)。このような能力の発達は、見返りの得られない相手をシビアに切り捨てるこ とをその特徴とする条件付き利他主義で説明することは難しいであろうし、血縁淘汰では 近親者の外への共感能力の広がりの説明は困難であろう。

これと関連してもう一つ付け加えるならば、このような共感能力が「複合的心性」として の道徳感覚の重要な要素ならば、道徳感覚そのものが条件付き利他主義で説明できるとい う内井氏のメインの主張の妥当性も怪しくなるのではないかと思われる。これについては 道徳感覚がどう「複合的」なのかはっきりしないので正確なところはなんとも言えない。 しかし、例えば良心の呵責が上記のような共感能力に基づいて働くものならば、見返りの 得られない相手に対しても良心の呵責を覚えてしまうであろうし、そのような感覚はそれ を搾取する戦略によって簡単に追い落とされてしまうだろう。(この点で、アクセルロッ ドのシミュレーションでtit for two tatsと称する、ほんの少しだけtit for tatより寛容 な戦略ですら簡単に搾取されてしまうという結果が出ているのは興味深い。アクセルロッ ド1998参照)。

もちろん内井氏はこれに対する反論を用意している。すなわち、意識的に自己利益を追求 することは、われわれの計算能力の限界などからいって、かならずしも我々の自己利益を 最大化しないので、むしろ意識的には共感能力やそれに基づく道徳感覚を身につけたほう が良いことが多い、というものである(たとえば26節など)。しかし、わたしが問題に しているのは、計算次第で見返りが得られるかどうか分からない様な場合ではなく、あき らかに見返りのえられない場合に関する判断である。もちろん、あきらかにみかえりがえ られないと思える状況でも見返りが得られることはあるだろうが、全般的にはそういう場 合にその種の道徳感覚にもとづいて相手のために何かすることは本人にとって負の効用を 持つだろう。断わっておくが、わたしは必ずしもわれわれがそういう意味での道徳感覚を 一般に持っていると主張しているわけではない(そのためには前にも述べたように道徳心 理学的調査が必要である)。むしろ私の主張は、条件付き利他主義は、このようなものと しての道徳感覚の基礎としては、われわれの計算能力の限界などを考慮にいれたとしても まだ不十分だということである。

3道徳性の再定義としての拡張された条件付き利他主義

あるいは、内井氏は、道徳性を拡張された条件付き利他主義として「再定義」しようと (進化論の知見に基づいて)提案しているという見方もできるだろう。それならば、われ われが従来理解してきた意味での道徳性やその基礎となる共感能力を進化論の議論で裏付 けることができなかったとしても、それが彼の議論の欠点とは言えない。内井氏が「一定 の非道徳的な能力や傾向性がないと道徳は不可能であるだけでなく、道徳とはそれらの能 力や傾向性が束になって作用する一群の減少に対する呼び名である」(第13節)と言う とき、彼が念頭に置いているのはこの種の再定義であるかもしれない。確かに、たとえば ゴーチエなどは同様な路線をとるわけで、必ずしも簡単にこの方向性を却下はできない が、このやりかたでは道徳を道徳たらしめている(つまり道徳を他の種類の価値基準から 区別する)重要な要素がぬけおちてしまうと感じるのは私だけではあるまい。

その抜け落ちてしまう要素とは、端的にいえば「つきあっても見返りが期待できない相手 への配慮」である。ここでわたしは必ずしも実質的な道徳原理としての弱者への配慮を念 頭に置いているわけではない。たとえば(内井氏も第15節で引く)バイアーが「みずか らの原則を普遍化する用意があること」を道徳性の条件の一つとして挙げた時、その含意 の一部として、「わたしにとって相手が役に立つか立たないか」という基準でその原則が 適用できたりできなかったりというように原則の適用の対象を取捨選択することは認めら れない、ということが含まれているであろう(その適用の結果、やはり弱者の利害は考慮 にいれなくてよいという実質的道徳の結論が出るかどうかはその原則の内容によるわけ で、また別問題である)。しかるに、条件付き利他主義にせよ、その拡張として内井氏が 提示するさまざまな合理的な「普遍化」の議論にせよ、相手と交流することによってなん らかの見返りが期待できることが前提であって、見返りの期待できない相手は、そもそも (その相手の利害をどのように重み付けるか、などという実質的判断以前に)考慮に入っ てこない仕組みになっている。これは内井氏の道徳の理解における大きな問題ではないだ ろうか。

この普遍化を巡る問題に関して、内井氏はバイアーの普遍化可能性の条件を、道徳の定義 というよりは一定の価値判断を含むものとして分析する(第17節)。わたしはこの分析 には反対しない。しかし、多くの人が道徳の定義とみまがうまでに道徳にとって基本的で あり続けてきた価値判断が救えないのならば、それは内井氏の道徳性の再定義(再定義で あるとして)の妥当性を疑ってみる十分な理由になるだろう。内井氏もそれを理解するか らこそ合理的な考察によって「普遍化」の要素を条件付き利他主義に付け足そうとするわ けだが、その試みは上に述べた重要な点で不十分であるように思われる。

ここで、この議論は内井氏の還元主義のプログラム自体に対する反対ではないということ ははっきりさせておいたほうがよかろう。われわれが道徳的価値と呼ぶものが、非道徳的 な価値に還元できることが示せるならば、もちろんそれは倫理学にとって非常に重要な成 果である。しかし、その分析の過程で道徳性そのものが再定義され、再定義されたなにか 別のものを還元してみせるというのであれば、その魅力は大幅に減少してしまう。この項 でわたしが反論しているのはそうした可能性である。

4 「文化的洗練」をめぐる問題

 内井氏は、ここまでで述べたような「条件付き利他主義」と(バイアーなどが言う意味 での)「道徳性」のあいだのギャップの問題に気付いていないわけではない。その結果、 たとえば、第17節で内井氏は、普遍化可能性にふくまれる公平性や合理性の要素は「生 物学的起源にさらに文化的な洗練が加えられれた価値判断」と分析し、第20節ではさら に踏み込んで「文化的側面の内に道徳性の規範的条件の大半が含まれる」であろうと示唆 する。わたしは、道徳を文化的なものと捉えることには大賛成である。しかし、もしこの 視点をとることを許されるなら、はたして内井氏の第一部での条件付き利他主義の進化か らの議論がどの程度道徳の理解に貢献するか非常に疑わしくなってくると思う。この点 を、ドーキンスのミームの概念を利用しながら以下展開する。

よく知られているように、ドーキンスは文化的に伝播されるアイデアや価値などを一種の 遺伝子のようなものと見立て、ミームと呼んだ。このミームの概念を真面目に受け取って 進められている研究はそれほど多くないが、たとえばデヴィッド・ハルが選択プロセスと して科学の発展を分析している例(科学の理論やアイデアをミームとしてとらえる)など があげられる。これらの研究は、ミームの振る舞いは、通常の遺伝子の振る舞いと根本的 に違うことを示している(この点については1988年のBiology and Philosophy no.3 vol. 2でのハルと彼の批判者たちのやりとりが参考になる) 。簡単にポイントだけならべるな らば、まず、ミームの伝播においては「獲得形質」が遺伝する、つまりある個体が学習で 付け加えた形質が次にそれをうけとった個体に受け継がれることがある。また、ミームは 遺伝的な系統をこえて伝播する。また、その結果として、ミームの進化においてはその ミームをもつ個体の利得と、ミーム自体の利得(つまり次の世代にどれほどの同じミーム を残せるか)はかなり独立である。以上の様な性質は、実のところ、我々とミームの関係 は生物個体と遺伝子の関係よりも、むしろ生物個体とウィルスとの関係に近いということ を示している。公平性などの道徳の主要な要素を文化的洗練の産物とみなすということ は、道徳のこの部分をミーム的な進化の産物とみなすということにほかならないだろう。 しかし、上に述べたようなミームの性質のために、このプロセスの理解には条件付き利他 主義を考えるために使われているモデルとはかなりちがったモデルを使う必要が出てく る。とりわけ、個体の利得とミームの利得の直接の相関がないということは、ドーキンス やアクセルロッドがつかうような繰り返し囚人のジレンマゲーム型のモデル(個体の利得 の計算に基づいてある戦略の適応度を測る)が適用できないということである。たとえ ば、ある自己犠牲的な行動が他の個体を感動させ同じような行動に走らせるとき、個体と しての利得は負でもミームにとっての利得は正となることがある。

この事態は道徳についての進化論的な議論を行う上でむしろ歓迎するべき事態であるよう におもわれる。ここは私自身の見解を展開する場ではなく内井氏の見解について論評する 場であるので手短に述べるが、ミームがむしろウィルスに近いもので、道徳性もミームの 一種だとすれば、道徳性の進化を考える上で重要なのは、ウィルス病の伝播と鎮静を扱う 疫学のモデルだということになる。それならば(ウィルスが個体にどういう利益をもたら すかという問いにわれわれがわずらわせられなくてよいのと類比的に)道徳性が個体にど ういう利益をもたらすかという問いにわずらわされる必要はあまりなくなる。ただし、通 常のウィルスと違って、道徳性は一旦集団全体に蔓延してしまえば集団全体にとってそれ なりの利益をもたらす(これが黄熱病などと違い道徳性がいつまでたっても根絶されない 理由であろう)。もしこれが道徳性の進化を考える上で正しいアプローチならば、内井氏 が考えるように条件付き利他主義から道徳を何とか説明しようというもくろみはいらざる 苦労をしょいこんでいるといわざるを得ない。たしかに、ミームの概念はつかみ所がなく モデル化しにくいので、厳密な数学化を好む者にとって食指の動く研究対象ではないだろ う。しかし、これはどちらかと言えば概念装置の問題と言うよりは道徳性という対象自体 の問題であろう。

最後に、この、道徳の疫学的モデルを考慮にいれたとき、内井氏のいう還元主義のプログ ラムがどうなるか簡単に述べておこう。内井氏は非還元主義のひとつの特徴として、「す でに述べたカントのような非還元主義の倫理学では道徳の独自性を強調するあまり、道徳 的価値の基盤が経験的な知識を超えた領域(・・・)におかれ、経験的あるいは科学的に 知りうる人間の本性や性向とは無関係なところにおかれる」とする(14節)。しかし、 ウィルスの様に伝播するものとして道徳を考えた場合、このモデルに基づく道徳のイメー ジは(内井氏の言う意味で)非還元的でありかつ経験的探求の対象となることが十分考え られる。つまり、かりに道徳的価値というミームが他の価値のミームと完全に独立の存在 でも、その伝播のメカニズムを心理学やゲーム理論の道具立てを用いて探求することは十 分可能だろう。この意味で、内井氏の考える還元主義の利点のひとつはほりくずされるこ とになるだろう。しかし、たとえ道徳がこのようなものであるとわかったとしても、これ は還元主義のプログラムそのものの破産を意味しないことは銘記しておくべきである。と いうのも、もし道徳がウィルスのようなものであっても、われわれはなお「われわれは道 徳性というウィルスに感染したいと思うか」という問いを立てることができ、この問いに われわれの他の価値基準にもとづく答えを与えうる可能性は残されているからである。< p>

5 おわりに

以上、批判的なコメントを並べてきたが、わたしが内井氏の還元主義のプログラムや科学 的知見の重視に反対する意図は全くないことはもう一度くり返しておいてもよいだろう。 内井氏の議論は非常に刺激的な洞察に富むが、本発表の性格上そうした魅力の部分につい て多くを語ることができなかったのは残念である。内井氏の論文をきっかけに、今後日本 の倫理学界でもこうした論議が盛んになっていくことを望む次第である。

文献

英語
1988 Biology and Philosophy, no.3 vol 2 (デヴィッド・ハルの進化論科学哲学をめぐる 特集)

日本語
アクセルロッド、R. (1998)『付き合い方の科学』松田裕之訳、ミネルヴァ書房
内井惣七(1998,1999, forthcoming)「道徳起源論から進化倫理学へ」『哲学研究』566, 567, 569(予定)号(http://www.bun.kyoto-u. ac.jp/‾suchii/ev.ethics1.htmlにて入手 可能)
ドゥ=ヴァール、F. (1998)『利己的なサル、他人を思いやるサル』西田利貞・藤井留美 訳、草思社
ドーキンス、R. (1991) 『利己的な遺伝子』日高敏隆他訳、紀伊國屋書店